HOME > 最新情報

最新情報

2017/03/01

ふくとくさん家 「鼻づまり」

-----------------------------------------------------------------------------------------------

会報で掲載している4コマ漫画「ふくとくさん家のきょうもテルミー」です。

ご家庭で簡単にお使い頂けるイトオテルミー療法を分かり易くご案内しています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

fukutoku_385.jpg

 鼻づまりは、鼻粘膜の炎症によって、鼻の粘膜が腫れて鼻腔内が狭くなることで起こります。鼻腔内に鼻水が溜まると空気の流れが悪くなり、口で呼吸するようになります。温めて血流をよくすると鼻づまりは緩和します。再三、鼻づまりを起こすような場合には、一度、医師の診察を受けてください。

【全身テルミー(幼小児の場合)】

 11回。約510分、テルミー線は約12本を目安にしてかけます。中程度の柱火を目安に、力加減は第一~第二様式を上限に気持ちのよいテルミーを心がけます。温熱刺激によって血流がよくなり鼻づまりを緩和することができます。

【局所テルミー】

 112回、鼻がつまった場合に中程度の柱火でまず、頭部、後頸部、肩を摩擦して温めます(図1)。柱火が小さくなれば、顔面の額から頬、鼻翼、鼻筋のあたりに摩擦して温めます(図2)。空間法を用いても構いません(図3)。鼻の両側に軽く点擦を行うのもよいでしょう。幼小児の場合には、鼻部のテルミーは31本把持法を用います。手足が冷えていれば手足もかけて血流を良くしましょう。

----------------------------------------------------------------------------------------------

※健康成人への施術例です。症状にあわせて火の大きさや施術の時間を調整しましょう。

※テルミー療法を過信しすぎず、医療の適期を失わないことが大切です。

症状の継続または増強が見られた場合には、すぐに医師の診察を受けましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------

本記事の画像の著作権は、一般財団法人イトオテルミー親友会に属します。

記事の複製・転載を禁じます。

2017/02/01

ふくとくさん家 「魚の目」

-----------------------------------------------------------------------------------------------

会報で掲載している4コマ漫画「ふくとくさん家のきょうもテルミー」です。

ご家庭で簡単にお使い頂けるイトオテルミー療法を分かり易くご案内しています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

fukutoku_384.jpg

 魚の目は、足の裏や指にできることが多く、正式には鶏眼(けいがん)といいます。名前のとおり円形状で魚の眼球に似ているところからこの名がついています。魚の目は、皮膚の角質(表皮の角質層)の一部が長時間に及ぶ圧迫や刺激によって厚くなり、皮膚の深いところにまで進入して、硬い芯をつくりながら進行していきます。芯は真皮内に向かって増殖し、神経を刺激するために痛みが出現します。

 ハサミや爪切りなどを用いて魚の目を切りとらないことや、足に合わない靴は履かないようにすること、また、専門医の診療を受けることは大事です。

【全身テルミー】

 11回、20分を目安にかけます。テルミー線の使用は約24本とし、第一~第二様式の力加減で行います。体の一部にでも痛みなどの不快感があると、全身の筋肉の緊張がみられます。全身テルミーで皮膚の血行を良くし、筋肉の緊張を和らげて新陳代謝の促進をはかりましょう。

【局所テルミー】

 12回~複数回、魚の目の部分やその周囲に空間法を適用します(図1)。魚の目の大きさによってテルミー線は2本(内管に装着時)、3本(テルミースコープ使用時)と適宜に用いてください。皮膚の新陳代謝を促進し痛みを緩和します。魚の目の周囲には摩擦法や軽く点擦法を用いても構いません(図2)。魚の目の部分がぬくもれば一度やめ、またあとで同じように行いましょう。    
----------------------------------------------------------------------------------------------

※健康成人への施術例です。症状にあわせて火の大きさや施術の時間を調整しましょう。

※テルミー療法を過信しすぎず、医療の適期を失わないことが大切です。

症状の継続または増強が見られた場合には、すぐに医師の診察を受けましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------

本記事の画像の著作権は、一般財団法人イトオテルミー親友会に属します。

記事の複製・転載を禁じます。

2017/01/16

休業のお知らせ

20170202_2.jpg

平成29年2月2日(木) は、事務局は休業とさせていただきます。ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。



一般財団法人イトオテルミー親友会 事務局


2017/01/15

会報「ザ・テルミー新年号 No.405」

ザ・テルミーNo405_2.jpg

健康的な生き方、くらしを応援する会報誌「ザ・テルミー」(年4回発行)は

会員専用ページにてご覧頂けます。

入会手続きをご希望の方は入会方法をご覧下さい。

[ピックアップ]

●巻頭インタビュー

一般財団法人イトオテルミー親友会 会長

田代 吾子

イトオテルミー親友会という大きな家族を母のような温かさでまとめる田代吾子会長。会長としての業務のほか、皮膚科医として精力的に仕事を続けながら、子育てに奮闘する日々を送っています。そんな日常の中の子育てにまつわるエピソードや、お母様である伊藤暁子様から学んだこと、そしてテルミーの今後の広がりまで、現在、過去、未来をつなぐお話を伺いました。

●KKジャーナル/もっと野菜をとろう 手軽でおいしい、干し野菜

●ふくとくさん家のきょうもテルミー

●カラダ健康塾/変形性股関節症

●テルミー体験記

●にっぽん全国支部うらうら

●テルミーひろば

●事務局だより

●新春お年玉クイズ

●派遣講師講習会予定表/特別会員講習会予定表/製品のご案内

●暖流

●テルミー歴史館


一般財団法人 イトオテルミー親友会 事務局



2017/01/01

ふくとくさん家 「打ち身」

-----------------------------------------------------------------------------------------------

会報で掲載している4コマ漫画「ふくとくさん家のきょうもテルミー」です。

ご家庭で簡単にお使い頂けるイトオテルミー療法を分かり易くご案内しています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

fukutoku_383.jpg

 一般的に打ち身の初期の処置法(治療法)は、RICE(ライス)といって、①安静(Rest)、②冷やす(Ice)、③圧迫(Compression)、④高拳(Elevation)〔患部を心臓より高い位置に持ち上げること〕を適用します。受傷直後は、安楽な体位にして内出血や痛みを抑えるために、まず冷やします。骨折している場合もあるので、腫れや痛みが軽減しないときには専門医の診察を受けてください。

【全身テルミー】

 11回、5分を目安に増減し、32本把持法または52本把握法を用います。柱火は小~中、力加減はやさしく、温和なテルミーを心がけ、痛みや全身の筋肉の緊張を和らげて安心感を与えてください。血行をよくして自然治癒力の働きを高めます。

【局所テルミー】

 受傷直後:患部をよく冷やしてから、その周囲を広範囲に空間法(スコープにテルミー線3本装着または内管2本の柱火)や軽摩擦法(指掌2本や32本把持法)で温めます(図1)。幼小児にはこの手順が苦痛は少ないと思います。中くらいの柱火を用い時間をおいて、またかけます。

23日後:123回、積極的に患部周囲にかけます。第一様式の摩擦から始め、次第に刺激を強く。軽く点擦を用いてもかまいません(図2)。患部が痛まなくなれば、患部に直接冷温器を用いてかまいませんが、最初はやさしい摩擦を心がけましょう。

  ----------------------------------------------------------------------------------------------

※健康成人への施術例です。症状にあわせて火の大きさや施術の時間を調整しましょう。

※テルミー療法を過信しすぎず、医療の適期を失わないことが大切です。

症状の継続または増強が見られた場合には、すぐに医師の診察を受けましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------

本記事の画像の著作権は、一般財団法人イトオテルミー親友会に属します。

記事の複製・転載を禁じます。